動脈硬化

動脈硬化というのは読んだそのままであって、血液を心臓から送り出す血管の動脈が硬くなってしまうなどの状態です。
健康な状態の動脈というのは心臓からの圧力を受けるため柔軟性もありしなやかさも兼ね備えています。
血液自体も健康ならば何も問題が無いのですが、血液中の脂肪酸のバランスが悪い状態だと血管の内皮にコレステロールや中性脂肪が入り込みその部分が厚みを増したり血栓ができたりすることがあります。
これが動脈硬化の始まりといわれています。

動脈硬化の症状が起こると血管内が傷つくだけではなく、血液を効率的に送り出すのができなくなり心臓に負担をかけることになります。
これが進むと心筋梗塞という非常に危険な状況を招くことになります。
動脈硬化は人知れず症状が進んでしまうためサイレント・キラーとも呼ばれます。
自覚症状が無いので動脈硬化の可能性を知るには定期的な健康診断を受けて、血圧やその時の血液中のコレステロール値、中性脂肪の数値などで判断する必要があります。
もし、コレステロールや中性脂肪の数値が健康な状態より悪い場合でもあまり真剣に受け止めない人は多いですが、もしかするとすでに動脈硬化が進行進行しているかもしれないですし、このまま気に留めずに食生活の改善もしなければ今は動脈硬化になっていなくても、この先なってしまう可能性が非常に高い状態であると受け止めたほうがいいでしょう。


■おやじメモ
基本的に生活習慣病の発症は、あなたの生活のあり方に要因があって、予防できるのはあなたの他に誰がいるでしょう。専門家がすることは、貴方自身が努力して生活習慣を治す際の支援をするだけしかありません。
「食から取る栄養素のバランスを補う」、すなわち栄養素をまんべんなく取るためサプリメントの摂取で補うとした結果として、どんなことが一体表れる可能性があると考えるでしょうか?
排便の際に不可欠なのが腹圧で、この腹圧のパワーが充分でなければ、正常な便の排出が不可能となり、便秘が継続して辛くなります。腹圧のベースは腹筋なのです。
健康食品を関心はあっても、あまり知らない私たちなどは、ひっきりなしに販売元から発表される健康食品に関係のあるニュースに、混乱しているというのが本当のところでしょう。
誰彼問わず人が日々を生きるために絶対なくてはならないけれど、自分の力では合成できず、身体の外から摂取すべき成分などを栄養素と呼ばれます。

ローヤルゼリーの中には代謝機能を向上する栄養素をはじめ、血行促進に関わる成分が豊富に入っているようです。身体の冷えや肩の凝りなど血行の悪さが要因の体調不良にはかなり効くそうです。
ミツバチの社会にも重要なものであって、私たちの健康にもかなりのパワーが及ぶと期待できる素晴らしいもの、それはプロポリスなのでしょう。
一般的に、お酢に含有されている物質の作用で、血圧が上昇しないよう制御できることが理解されています。お酢の中では最も黒酢の高血圧抑制の効果が優れていることがわかっているそうです。
そもそも健康食品とは何なのでしょうか?思うに、人々は健康を増長したり、疾病防止や治療でも良い結果をもたらす特性を持っているという解釈をしていると想像します。
基本的にプロポリスは身体の代謝を活発にし、皮膚を活性してくれる能力を秘め備えていてこの美容効果に着目し、プロポリスを含んだソープや歯磨き剤、アメなども市販されていますね。

普通、ゴム製のボールを指で押した場合、押されたボールはゆがんだ形になる。これが「ストレス」の形だと推定できる。また、指は「ストレッサー」の役を担っている関係になるだろう。
便秘が原因で出た腹部をへこませたいと強く望んで、過度なダイエットすれば、それ以上に便秘自体に影響を及ぼす確率も増してしまいます。
普通、生活習慣病は、あなたが実践している生活スタイルに基づいているので、治療できるのもあなた自身でしょう。医者が引き受けるのは、患者が自分で生活習慣病を予防するためのサポートかもしれません。
日々私たちの身体に必要である栄養を考えて摂取するようにすれば、いろんな体内の不具合も軽減させることも可能なので、栄養素についての関連情報を学んでおくことも役立ちます。
いつの日か、充分な栄養素が詰め込まれたサプリメントというものが開発、販売され、それと共にカロリー成分と水分を取っていれば、元気でいられると想像しますか?